櫻庭 栞の しおりん❜s畑

アナログ昭和女子(栞とく~すけ)が、お届けする『 ちいさな世界 』     あの日の お話&雑記・写真などが、入ったブログです…。

フォト栞・こぼれ話 2021年11月号


始まりました~!追記です。
  ではでは、まずまず前回の11月6日号は、こちらです。↓

 

この回は、最後に『く~すけ』さんより
  ただのブレブレ写真…!と、言われました……。が。
    櫻庭としては、価値ある『ブレブレ・ぼけぼけ写真』だと思っています!

  
 歩き始めたのは、いいけれど……。
 ずんずん山になり……。

   さっき『戸隠中社』に、いた方々も
     私が、向かっている『宝光社』からも
       歩いてくる『人』は、誰もいません…。

 気づけば、見知らぬ山の中に『ひとり』
 
  『この道』で、あっているのか…? も、わからず 
   怖くて怖くて、高速・急ぎ足……で、歩きましたが

       もしも! もしも…。私の身に、何かあったら……?!
  
          私は、この道を、歩いていました!の『証明写真』に…。と
            思って、撮った写真です。

   しかし。そのシャッターを切る。わずかな時間も、足は止められず
           前へ前へ。てくてくてく……。
 
     ……で。こんなブレブレ写真に、なっていました。笑)


 こんな所で、長野の『森のクマさん』には、出会いたくないし
   男性が『1人』で、歩いて来ても、怖いです…
  
     あー。でも……。 てくてく。
        あー。誰か!  てくてくてく……

       『ご夫婦』か『グループ』で、がやがや…と
           楽しく♥ 歩いて来てください…!!

             そして『この道が、合っている』ことを
               私に、教えてください……!!と。
                 心の中で、ずっと叫んでいました。 笑)

       この状況で、かなり『ハードル』の高い注文ですが……。

    今でもこの写真を見ると、その時のドキドキ! 
        息づかいまで、思い出します。

  ガサッと、音がしそうものなら、跳び上がるくらい…びっくりしました!

    その日の私の服装は、誰かに撮ってもらった写真をみると
        ぺたんこ靴に、スカート…。軽装でした。


しかし…。日本の秋の山は、どこも素晴らしく
たとえ『ひとり』でも、歩けたら歩きたいのですが
近くの山でも、足が、遠のいています……。

  まず。父から1人での『山行き』は、禁止令が出て
   『ふたり』なら、いつでもOKでしたが。
     やがて『ふたり』でも、休日だけとなりました。

私なぞは、時々たっぷりと、おいしい緑の空気を吸いたいし
『土の道』も、歩きたいと、思うのですが…。

現在は、神戸の山でも、いのししが出て
お弁当を取られ、かまれた!とか
橋を渡っていると、スズメバチの大群が……。とか。
マダニが!……。で。危険ですので
山への道は、閉ざされています。


  でも。この長野行きは、まだ若くて、山に対して
  怖いもの知らずだった私に『怖さ』を、教えてくれた。
  意味ある『ひとり旅』でした。


 この経験は、家族に話すと心配するので、誰にも言っていません。笑)
           無事帰還しました!  笑)
         
 
                 お読みいただきありがとうございました。
                      end.  file.155.……



    p.s.  中社の『極意』という、おそば屋さんも、美味でしたよ!