櫻庭 栞の しおりん❜s畑

アナログ昭和女子(栞とく~すけ)が、お届けする『 ちいさな世界 』     あの日の お話&雑記・写真などが、入ったブログです…。

7月のく~すけ通信…!


7月。年に1度のエコー検査のために病院へ……。

いつもは、検査を待つ人で、廊下がいっぱいですが
患者さん自体が、少なくて
予定の時間よりも早く『検査』が、できました。

    … 皆さん。控えているのですね。


甲状腺(首)のエコーのベッドには、腰から背中・頭にかけて
なだらかな山のような。坂のような、傾斜のある
かたくて大きな『背もたれ・枕』…?が、真ん中に置いてあります。

仰向あおむけに寝ると坂(山)のてっぺんに肩が乗り、頭は、少し下がります。
首の前面が、伸びます。

その姿勢のままで、15分…検査です。笑)


  カーテンで仕切られた、隣のベッドのおばあさんに、男性技師が
  「お身体。起こせますか? おささえしましょうか?」
  と、優しく『声かけ』を、しています。

  うわぁ。患者さんが少ないから、サービス向上だぁー?!と。感心しながら… 笑)


私の担当は、若い新人の女性・技師さんです。

「…。じゃあ。これで検査。終わりますね。」
「はい。ありがとうございました。」

   『よいしょ…』っと……
            うん…?…!?

     私は、そこから『腹筋』で、起き上がろうとしますが
     おかしい? 身体が、起こせません!
     この変な角度のついた『大きな枕』のせい?
     足を立てて、反動をつけても、ダメです…!

「?。…もう。起き上がって、いいですよ。」
「あ。はい!… そうなんですけど。」

私は、仰向けのまま手と足をバタバタ。ちょっとしたパニックです。

と…。横を見ると、ベッドの『手すり』が…! 手を伸ばしかけますが
         
     『いかん!コロナなのに。
        病院の手すりなんて!! 持てない!』と
                 また仰向けで、バタバタ。

「だ。だ。大丈夫ですか!?」
「だ!だいじょうぶ~。固まった~! 大丈夫ですっ!!」
と、私は、叫びながら、腹筋を諦め、ようやく横向きで
身体近くのベッドに手をつき、起き上がることができました。

      はぁーっ。『冷や汗』
        そのジタバタさ加減と言ったら
        ゴキブリの最期の『悪あがき』か
        仰向けにされた『カエル』のようでした。笑)
           はぁーっ。情けない~!

      これでは、さっきの『おばあ様』と、変わりないですね。
          『杖』を、お使いのようでした。      


コロナ禍で、お互いの距離を、どうしたらいいものか…?とも
       悩む。こちらの女性2人組でした。笑)

ともあれ。医療の方々には、どんな時も
      あたたかく接して頂き、感謝しています…。笑)


そう言えば、コロナ禍になって『腹筋』という2文字を
すっかり忘れて生活していました。

普段通りの同じ動作ばかりだと、あちこちの使っていない筋肉が
硬くなって。固まって。曲がらなくなっています。

身体が、びる前に、ストレッチ!しなくては…!ですね。


                   file.138. ku-suke通信. end.



        夏休みなので、カエルさん。描きました。く~すけ画伯。

f:id:saku-sio63:20210803144427j:plain


                      きゃー!クレーム・クレーム!
                 く~すけさんのバカ! by. 栞・たまらず乱入!