櫻庭 栞の しおりん❜s畑

アナログ昭和女子(栞とく~すけ)が、お届けする『 ちいさな世界 』     あの日の お話&雑記・写真などが、入ったブログです…。

夜の訪問者 …


お寒うございます…。櫻庭です。

我が家の、塗装工事の時から、思っていましたが
日が短くなって、5時頃には、うす暗くなって…。工事のかたから
「今日は、これで、終わりまーす!」と
声が、かかっていました。

そして、午後6時には、すでに真っ暗で、早くも『夜』ですね。笑)

    そんな時。
       ピンポン~!

  あれ…? 至急の『回覧板』かなぁ~?…。と
  思っていると

「こんばんわー。 〇〇です! 久しぶり~! 栞ちゃん!!」と。

わわわわっ……!?
 わりと近くにお住いの、同級生の〇〇ちゃんです。


「どしたの? 急に?」
マスクをして、外に出ると
玄関の前には、うすい水色の軽自動車が、止まっていて

  「夜に、ゴメンね。この『柿』…もらって欲しいの…。
   もう。いっぱいできて、100個ぐらいは、とれて…。
     種もたくさんあるし、見栄えも良くないし、小さいし…
      美味しいか? どうかも、わからないけれど! もらって!!
 
   私。近所で『柿』を、あげる人って『栞ちゃん』しか、いないしー!
   『助ける』と思って、受け取って!!」と。


  「今。助手席に『妹』を、乗せてて……。これから、もう1軒。
   妹の友人宅へ、まわるんだ!」と。
 
   手渡された『 柿 』…。

 「へぇ~。この車。〇〇ちゃんの車? 初めて見た! かっこいいね!
  妹さんにも、ぜひ。ご挨拶を……。」

  「いいよ。いいよ。
    それよりも。今。塗装しているんやね。
      足場組んで…。大変なところに、ごめんね。」

  と、言葉少なに、彼女は、車に乗り込みました。

 「ありがとー♥」と、手を振る私。
  「またねー!」と。笑顔の友人。

そうして、残されたかわいい『 柿たち 』
   秋の夜長にうれしい。あたたかな『だいだい色』に
      癒されました。
         ありがとうございます ♥


             夜の訪問者は、友人と『柿』でした。笑)笑) ↓ ↓ ↓


f:id:saku-sio63:20211125152611j:plain


               友人の急な訪問も、コロナが、落ち着いてきたあかし
                    なのかもしれませんね…♥ 

                       file.… 158.…。end.


                 お読みいただきありがとうございました。