櫻庭 栞の しおりん❜s畑

アナログ昭和女子(栞とく~すけ)が、お届けする『 ちいさな世界 』     あの日の お話&雑記・写真などが、入ったブログです…。

『ちんころ号』の受難……


『ちんころ号』は、私の自転車です。
25年は、乗っています。笑)

コロナ前…。スーパーへ行った帰り道は、荷物が重たくて…。
公園横のトロトロと続く長い『坂道』を
自転車を押して…登っていた時です。

坂の上には、大きなマンションがあり
その敷地内から、急に『おまわりさん』が、2人…
おしゃべりをしながら出て来ました。

 『…! なにか事件?』

  すると、そのうちの1人が
 「お姉さん。ちょっと。いいですか?」と。
 「あ。気を悪くしないで下さいね…。その自転車は
    お姉さんの『持ち物』ですか?」

     はぁー!? 
      何を、急に……?! ←心の声

 「……そうですけれど。」

       まだ。お昼前の公園からの『さわやかな風』が、吹く坂道で!              
         私が、どこかで盗んできた自転車に、乗っているとでも~!


「念のため、調べさせてもらっても、いいですか?
 ここに防犯番号が、ありますね。」

「……。いいですけど…。この自転車。ものスゴく『古い』ですよ。」
 と、言いましたが。
  すでに。もう『無線』で、調べるよう番号を伝えています。


   それを待つ間。
     後から自転車で、登ってきた『おじさん』には
       変な目で見られるし
         警官は、その自転車は、止めません…!
   

   でも、もうすぐ
   「あなたは、櫻庭く~すけさんですね。」
   と、疑いが晴れるはず…。

   『ちんころ号』だって、誓って長年
    ボクは、ご主人様とご主人様の亡き『父上』しか
    乗せて走ったことは、ないぞ!エッヘン!…と、胸を張って
    お返事を待っています。


 そして、無線が

「…え? 登録番号が古すぎて、検索に上がってこない~!? 
 そんな事って。あるんですか!? 調べられないんですね!!」…と。

 そして、私に
「…と、言うことで。すみません。お時間取らせました。」と。

     え。なんだ。それは…!
        だから。古いって言ったのに。


     スーパー帰りの善良な一市民を~! 笑)
     ちんころ号が、古びたサビサビの中古品の見なりだから
     声をかけたのでしょうか…? 不憫だ~。


  私もちんころ号も、夢も希望も。心も打ち砕かれ…。
     ますますトボトボと、小さくしょぼくれて
        残りの坂道を押して登ることになりました。


      胸を張れ!ちんころ号!君は、悪くないよ。
    君は、震災前からの私の相棒なのだから!
  壊れて乗れなくなるまで、乗るからねー!
                      end.
                   file.152.ku-suke通信
                         


  p.s.   きっとマンションの駐輪場で盗難被害があって
       出向いていたのでしょうね…?
         その帰りの『職務質問』???


       注)震災後には、警察官の方が毎日のように、家々をまわり
        『パトロール&声かけ』を、しておられたので
         他の地方の方よりも、神戸の私たちは、警察の方との距離感が
         近いのかもしれません…。
     
       パトカーに後をつかれて、車を止められた若い女性ドライバーが
      「どうして!私。 なんで、止めるの!?」
       と、戦っている方も、以前。見たことがあります。
       お巡りさんも、大変ですね。

  
  過去ログ:ちんころ号のお話は、file.8.すごく初期に書いています↓

saku-sio63.hatenablog.jp