櫻庭 栞の しおりん❜s畑

アナログ昭和女子(栞とく~すけ)が、お届けする『 ちいさな世界 』     あの日の お話&雑記・写真などが、入ったブログです…。

ウグイスの… お渡り


本格的に、梅雨のシーズンに入ってきました…。

今年の梅雨は、メリハリのある『雨の降り方』を、していますね…。

コロナ禍で、スーパーの『買い物』以外は、ずっと家にいます。

この1ケ月ほど、毎日。
近所で「ホーホケキョ!」と、うぐいすが、鳴いています。
毎日毎日……聞いていると、法則が、あるようです!

朝。雨が降っていなければ、大きな公園(池あり)の方角から
やって来るみたいです。8時を過ぎた頃です。

鳴き声が、どんどん近づいて… 大きくなりますが
我が家のすぐ近くでは、鳴きません。
『通学路』に、なっているので
車や子供たちに、警戒しているのでしょうか…?

また…しばらくすると、うちを飛び越して、反対側から
「ホーホケキョ!」と、鳴きはじめて、だんだん遠ざかります。

そして、また夕方に
逆ルートで『ねぐら』に、戻っているようです。

「ホーホケキョ!」
夕方には子供たちが、鳴き真似をして『口笛」を、吹いています。


今日は、朝からザーザーと雨が降り
昼過ぎに、ようやく雨が上がると
「ホーホケキョ!」
公園の方向から、声が、やって来ます。

「あー。今日は、今から…うぐいすの『お渡り』だー!」

ウグイスも、何の目的があって…毎日
『どこ』に、通っているのでしょうね…?
まじめですね……。笑)

まぁ。通り道に、このご近所の『ルート』を、選んでいただき
その『美声びせい』を聞けて。光栄です…。笑)

今年は、カラスの来訪らいぼうも、ないようで
まずは、ひと安心。

その他にも、いろんな鳥たちの、鳴き声もしています。
鳥たちにとっては、平和な年のようです…。


うぐいすは、恥ずかしがり屋さんで、その姿は
なかなか確認は、できませんが

毎日の単調な生活の中での、小さな楽しみのひとつです。

明日も来るかな…?
晴れるのかな…?
                          …end. file. 129.

                    お読みいただきありがとうございました。


   p.s.  うぐいす餅 ←和菓子と、同じ色をした
                  緑色の鳥を『ウグイス』だと、ずっと思っていました。
       それは、目のまわりが白い『メジロ』でした…。笑)