櫻庭 栞の しおりん❜s畑

アナログ昭和女子(栞とく~すけ)が、お届けする『 ちいさな世界 』     あの日の お話&雑記・写真などが、入ったブログです…。

学生時代の選択 ~私の場合~


優柔不断な『櫻庭』ですが
自分から進んで『選ぶこと』を、しなくても
向こうの方から『選びなさいー!』と
やってくるものが、ありました。
『進路』に、関することです。

高校は、普通科で『文系』とは、決めていましたが
入学と同時に『選択科目』を、選ぶことに…。
『美術・音楽・習字』の、1つを選ぶ。

…。…困った。
   全部。好きな部類の教科です。笑)


『習字』は、小学生の頃。習いに行っていたので
高校生で『習字・復活…♥』は、ないかな~。と。… 笑)

音楽と美術は『成績』の、評価の仕方しかたで、決めました。


『音楽』は、楽しいけれど
成績は、1人1人。楽器(笛)や、歌を、みんなの前で披露ひろうして
その良し悪しを、評価されます。
         
          緊張するし、恥ずかしいし…。ミスをするかもしれません。
          それも『み』の評価ですよね。


『美術』は、課題があって
提出した作品の出来が、評価されます。

          これなら、緊張もストレスもなく『提出』するだけなので
          『美術』に、しました。


そして、大学進学です。
櫻庭は、短大で、国文科です。
こちらも消去法で、決めました。

         『文系』と、いえども『家庭科&英語』は、論外で
          社会科は、記憶力・勝負だし…。                                


音楽は、やろうと思えば、町の音楽教室でも習えます。
プロになるなら、大学卒の肩書が、必要でしょうが…。


美術は、高校3年間やってきましたが
櫻庭は『基礎』が、苦手で『石膏せっこうのローマ人』のデッサンとか
  静物(テーブルクロスと果物くだものとか。花瓶の花とか…)
           
          うまく描けないし。面白くなくて、逃げ出したくなります…笑)


    芸術は『爆発!』なので。その『心やパワー』は
      人(先生)に、教えてもらう物でも、ないのかな…?
        美術やデザイン系の専門学校に、進まなくても、別に。いいかぁ…。              


そして…『国語』です。
 進路を考える時点で、考えたのは、古文も国語も
  教科書に載っていた、枕草子徒然草源氏物語の1部分の抜粋ばっすいだけで
   終わらせてしまって、いいのだろうか…?と、思いました。


        自分から国語の勉強は、しないと思うし。
     読書って、言っても… 好きな物しか読まない気がします。
        今。誰かにおそわらないと。勉強しないと。
     私をそういう環境に置かないと、ダメだ…。笑)…。と。


結局。こちらが、そう望んでも
テストが、あるので100%とは、いかないまでも
大阪の短大に滑り込みました。笑)

短大の2年間で、何が、できるのだろう…?
就活もしなくては、いけないし…。と、思いましたが、
わりと濃く。実りも多い『時間』を、持つことができました。笑)

 

 こんなふうに、決めちゃってよかったのかな…?
人生に『正解』は、ありません!
いやいや… これで、よかったのだ!と『納得』して
また1歩。勇気をもって踏み出しましょう…!?
選択しましょう…。                        
                        by. 櫻庭でした。


                    お読みいただきありがとうございました。
                          file.123.…end.

        *あくまで。個人の感想です…。ペコリ…。