櫻庭 栞の しおりん❜s畑

アナログ昭和女子(栞とく~すけ)が、お届けする『 ちいさな世界 』     あの日の お話&雑記・写真などが、入ったブログです…。

夏の終わりに、寄せて…。


今年の夏休みは、もう終わったようですね。
8月30・31日の、あのメランコリーな時間も
吹き出す汗と、マスクの始業式の、あわただしさの中に
紛れてしまったようですね。
…小学生も、大変だ。…

皆さんは、その頃を振り返って…。
ああ。あの頃は、まだまだ未熟だったな…。とか。
子供だったな…。可愛かったな…。
と、思う事は、ありませんか…?


ちいさな櫻庭は、
まだ…。六甲山の山頂近くに、いました。笑)
      実は、もう数話前から…ずっと。います。笑)

祖母とちーちゃんと私が、叔父さんの車に乗って
金星台。お寺の山門。修法しょうが原池。森林植物園から
ぐるっと曲がって、六甲山牧場に、人工スキー場…。

これだけ…たくさんの遊べる場所(観光地)を、素通りして…。
今、山頂にいます。

小学生の私は、いつでも『自分の家』が、起点です。
『ああ。車で今日は、はるばる遠くまで、来たものだ』と、思いました。

叔父さんは、ロープウェイを指さし
「ここから、ロープウェイに乗ったら有馬温泉だよ。」
 と、教えてくれました。

     子供心に『有馬温泉』って、いうのは
     ここから、まだロープウェイに乗らないと行けない
     すごく遠い所に、あるんだな…。と、思いました。


その後しばらくして、祖母のひざ痛が、ひどくなり
有馬温泉に、行くことになりました。…湯治です。

有馬温泉…!』
子供ながらに、またおじさんの車に乗って、山に入り
金星台から山門。修法が原池・森林植物園。ぐるっと回って牧場に山頂。
そこからロープウェイで、有馬温泉…だ!!

この前よりも、まだまだ。遠いぞ…。
ちーちゃんは、この前…。車酔いしたけど、大丈夫?

と、しっかり心構えをして、車に乗りましたが、
山に、いったん入ったものの。すぐに山を、突っ切って越えてしまい、
住宅地や田んぼの広がる、のどかな道を走り

「さぁ!着いたよ。ここが、有馬温泉だよ!」
と、言われた時には、すごく拍子抜ひょうしぬけ…。しました。

    『ええっ。…もう。着いたの? あの山道のカーブは?
     修が原は? ロープウェイは…?』  笑)

  他の行きかたや、道があること。
  ましてや。車で走る方向・距離・時間も
  全く…わからなかった頃です。

でも。この前に山頂で聞いた、おじさんの話をちゃんと聞いて
自分なりに受け止めて、小さい頭で考えていたことは、確かです…。

大人の人の言うことを、ちゃんと、聞いていたんだなー。
『私…。かわいいぞ!』と、思う櫻庭でした。
      有馬温泉ラブ ♥

夏の終わりに。みなさんも、
いつかのちいさな自分を、褒めてあげてください♥

 宿題が、出来ていても、出来ていなくても
   夏の思い出を、引きずりながら…。
     なんやかんや。がんばって、
       9月を…。二学期を…。迎えていたのですから…。

                   file.79.end. 
             お読みいただきありがとうございました。


     p.s. 目的地に行くためには、いくつもの方法と、経路がある!
         高校生になって、すぐに気付く…。
         電車の行き先の掲示板に『有馬温泉…行き』と、あり。
        この電車に乗ったら終点。有馬温泉。行けるんだぁー!!
                 遠そう…。
        電車に乗る駅の数も、切符代も、かなり遠そう…。でした。
        掲示板を見上げて、きっと。ぽかんと、口を開けていた
        平和な櫻庭でした。
        その時の私は、あんまりお利口では、ないですね。笑)
        もっと早く、その事に、気付いてほしかったな…。笑)