櫻庭 栞の しおりん❜s畑

アナログ昭和女子(栞とく~すけ)が、お届けする『 ちいさな世界 』     あの日の お話&雑記・写真などが、入ったブログです…。

ねずみ年に寄せて…。


今年は、ねずみ年の『うるう年』!
ねずみは、大黒様だいこくさまのお使いで五穀豊穣ごこくほうじょう・子孫繁栄…。とか。

私は、ねずみと、言えば…。
「ねずみの歯~と、代えてくれ!」よっこらしょ!…と。
抜けた乳歯を、下の歯ならば屋根の上(天井裏)
上の歯ならば、縁(床)の下へ、投げる習慣がありました。

投げる時に、この『呪文』を大声で唱えます。
小さい声だと、ねずみに聞こえないそうです。…本当かな?

その当時。祖父母は、通いで、平屋(1階建て)の
小さなお店を、借りていました。

私の家も、祖父母の家も、2階建て。だったので
その店は、屋根に向かって、歯を投げるのに好都合でした。
8畳ほどの店舗と、同じ大きさの和室(1室)と、トイレでした。

その土間からの上り口が、高床式のようになっていて、床下があり
逆さまに、のぞくと真っ暗で、本当にネズミが、いそうな空間でした。
もちろん。そこは、上の乳歯を投げるのに好都合でした。

「ねずみの歯~と、代えとくれ!」どっこらしょ! と
母や祖母と、乳歯を見送りました。

そのお店は、ご近所のかたが、市場で買い忘れた物や
重たい物を売る『お店』で、卵から青ねぎ。ちくわ。りんご・みかん…。まで。
『かゆい所に手が届く…』ようなお店で、重宝ちょうほうされていたのでしょうか?

小学校の帰りに、私が行くと
いつも祖母のまわりに、割烹着かっぽうぎやエプロン姿の
ご近所のおば様や、おばあ様たちが、店の奥に座っていて
手作りの漬物や、おやつのカステラやらを
持ち寄って、おしゃべりしていました。

そのお店は、しばらくして祖父が、病気になり辞めました。
三軒長屋で両隣のお店も、みんな出て行き、ずっと空屋になっていました。

そして。震災後ー。
たまたま。小学校からの友達の実家が、やはり震災で半壊したので
大幅にリフォームしたから、見に来てよ! と、誘われて
行った時に。

ちょうど。
祖父母のお店を含めた、三軒長屋の解体作業をしているところでした!
それも。屋根にロープをひっかけて、引っ張っているところでした。

   あー。あああ~。
   あの屋根の上には、私の乳歯が!
   あー。床の下にも、私の歯が~!
   私の歯のゆくえは…!?
   
 水をかけながら、ショベルカーが、木のガレキの上を
 斜めになりながら壊していきます!


そして、後日。きれいに整地され、そして駐車場に…。
私の歯。運が良ければ、この付近のコンクリートの下の土の中に
はてさて? 何本かは、埋まっているかも知れません。
 ここまでいくと…。ポエムですね。

  ここの駐車場のコンクリートの下には
  きっと私の乳歯が、埋まっている。
  今度は、ホラー?

  ネズミさんたちは、どっちにしても
  逃げて行きましたとさ…。… 昔話だ。

しかし。解体時に…。立ち会うなんて…!運命を感じます。
        
           お読みいただきありがとうございました。 
                     File.57.end.

   

    p.s.  母は、そんなもの←(乳歯)とっくの昔に、雨に流れて
      どっかへ行っているわ…。と。 ←それは、屋根の上でしょ!
                       床の下は…? by. 栞
      そんな変なコト考えるのが『あんた』らしいわ。あきれるわ。
      …。だそうです。


   【過去ログ】は、駐車場つながりで、File.14. のお話です。↓ 

saku-sio63.hatenablog.jp