櫻庭 栞の しおりん❜s畑

アナログ昭和女子(栞とく~すけ)が、お届けする『 ちいさな世界 』     あの日の お話&雑記・写真などが、入ったブログです…。

あめ玉とプラッシーの思い出


「栞ちゃーん。アメちゃん…。あげよか?」
「えっ?!」
 …。私。たこ焼き。食べに来たんだけど…。
「おばちゃんも、さっきお客さんから、もらってん!
 1個づつ食べよ!」

と、いつも行く商店街の『たこ焼き屋』のおばちゃんに
アメちゃんをもらいました。
  …小学校3年生の私。
     テストでいい点を取ったご褒美に
     お金をもらって、よく1人で食べに行きました。

     おだし付きの『明石焼き』です。店内で、お皿で食べます。
     ソースもかけます! 美味!

私が手を出すと、おばちゃんは『あめ玉』をひとつ。
のせてくれました。
「ありがとう。おばちゃん。」
「うわー。栞ちゃん。小さい可愛らしい手やな~。
 おばちゃんの手は、ゴツゴツのガサガサで、恥ずかしいなあ。
 いつも、食べに来てくれて。ありがとうな。」

そんな手で、頭をなでてくれた。…そんなイメージがあります…。


私が、少し大きくなって小学校5年生。
同級生と3人。家の前でバトミントンやゴム跳び(1本)を
して遊んでいると

「栞ちゃーん。ちょっと、休憩せえへんか? プラッシーも、あるで~!」
   *注)プラッシーとは、オレンジジュースです!

と『向こう三軒両隣り』から、1軒はずれた所にあった米屋さんの
おっちゃんが、私たちを『おいで。おいで…』と、手招きします。

「みんな暑いのに。元気やな! まあ。一服しぃな。」
と、ガラス瓶に入ったプラッシーの栓をあけて
「ここに座って、飲んだらエエで!」
と、大盤振る舞い!
「ありがとー。おじちゃん!」
と、友だちと店の隅に並んで座って、ありがたく頂きました。

後で母に報告して。あらためてお礼を言いに行きました。


そして今年…。10月の初め頃です。
私は、近くに『買い物』に…。

100均で、ガムテープとファイル。パン屋さんに、本屋さん。
最後にスーパーで食料品を買いました…。

と。私は、肩こり症なので、スーパーの入り口近くのベンチに
荷物を『ドン!』と、置き。
2つのマイバッグに、重さが同じになるよう
右へ左へ荷物を入れ替えます。

よし。これでOK! 
大きなため息をつき、ベンチに腰を掛け、荷物を抱え、お茶をひと口。
するとベンチの横に座っていた先客の『おばあ様』が
「アメちゃん。食べるー?」と。

   ええええっ。出た~! アメちゃん。
     わ、わっ。…私にですか? 
       いいんですか?
 私も、どこから見ても。もう『いいおばちゃん』なのに。

そりゃー。おばあ様から見れば、まだまだ『ひよっこ』ですが。
すっごい久々の不意打ちで。
私としては、ずっこけそうになりましたが。
おばあ様の、ありがたいご好意に
「ありがとうございます。後で。いただきますね。」
と、頂きました。

きっと。あーでもない、こーでもない! 
と、横でゴソゴソしている私を哀れんで
声を掛けてくれたのでしょう…。ね。
ハハハハハー。    
                    file.22 end.
              お読みいただきありがとうございました。

 

   p.s.  家に帰ってビックリ! おばあ様。これって。
      アメ・・ちゃんではなく。まんまるなラムネちゃん。なんですケド。
      まあ。同じようなモノですよね!