櫻庭 栞の しおりん❜s畑

アナログ昭和女子(栞とく~すけ)が、お届けする『 ちいさな世界 』     あの日の お話&雑記・写真などが、入ったブログです…。

はじめまして…。


おはようございます。
はじめまして櫻庭栞です。 ※注) ペンネームです。
ブログ初心者です。よろしくお願いします。

ほっこり女子ブログ…!? ゆるーくお付き合いください。 笑)

 
まずは、さっそく自己紹介もかねて…。
姓字みょうじの『櫻庭』は、
私が大阪の小さな会社で新入社員だった頃

1番。大きな取引き先だった『東京』の会社の
我が社の『担当者さま』の
お名前です。  

…その節は、お世話になりました! ペコリ 笑)

ですが…。
私は『その方』とは、何の面識もありません。

美人で才女な…。
やはり『東京出身』の、いつもニコニコ標準語を話す
5歳年上の先パイが、窓口となって
いつも応対していました。

私は、電話を取り次ぐくらいでした。 笑)


その当時は、電話で『サクラバ』と、いう音だけ聞いても
にわ』には、たどり着けず『桜葉?』いやいや『桜場さん』だと
ずーっと、思っていました。


ある日。先パイに郵便に出すように頼まれた
ぶ厚い書類の宛名あてなをみて。

 『誰。コレ…?』と、不思議そうな顔をする私に
 「え。なに? いつものサクラバさんだよ。」と。先パイ。

私:「え。えーっ!。…こんな字。書くんですか?!」

と、思わず声を上げてしまうほど。
複雑怪奇な…?! お名前で…。

でも『庭』を『バ』と読ませるあたり。
日本語って奥深いんだ!!(当時)
と…。驚きました。
(ちなみに私は国文卒業です。 笑)


『桜場さん』でも充分カッコイイけど。
『櫻庭さん』の方が、120%増しで、かっこいい!

『東京』だし (首都!)
『大きな会社』だし (本社!)
  もしかして『独身…』かも❤⁉ (男性でした!)

  私のふくれる妄想に
  先パイは、笑顔で
「え…? 櫻庭さん? 声は若いけれど…。う~ん…。
 お父さんくらいの年齢の人よ。」と。
「……。」
  が、 が~ん。


  今では、世の中には、有名な方々が、たくさん! おられるので
』って漢字がすぐに出てきます…。が。

小学校の頃から、大きくなったらマンガ家に? 
芸能人は無理だけど。小説家に?
童話作家や絵本作家になるかもしれない!? 
いつか。その時のために…と。

宝塚歌劇団』にも負けない! ピカピカな名前。
どんな名前がいいかなあ…。と

ずっとアンテナをはっていた私の
ペンネームとして拝借させていただきました。


それは。阪神淡路大震災の前のことでした…。  …file.1… end.



  p.s.  その後。受付の仕事をしました。
       多くのお名前と出会って、うーん。と唸ったのは
               饗庭というお名前。『きょうば』ではなく、『あいば』です。
       庭で饗じる。今でいうと庭で宴会…⁉ 
       イメージとしては、秀吉さんかポラーノ広場ですね。
                『 桜場さん』も、本当にいらっしゃいましたよ。

    

f:id:saku-sio63:20191201155656j:plain


              お読みいただきありがとうございました。
                      また次回ー。